映画好きが語る映画の感想を掲載

ほぼ毎週1回は映画を閲覧しており、洋画、邦画は両方見ますし、アクション、ミステリー、コメディ等のジャンルも問わず映画を見ている中で、特に面白かった映画について感想文を書いて行きたいと思います。

今までで一番涙が止まらなかった映画

大泉学園のT・ジョイ大泉に「くちづけ」という映画を見に行きました。この映画を見たときに初めて涙活というものを知り、それ以降私の趣味にもなっています。前々からCMで見かけていて絶対に見に行きたいと思っていました。母と一緒に映画館に向かったのですが、想像以上のストーリーに涙が止まらず、映画館を出るときにはすっかり目がはれてしまっていました。
軽い知的障害を抱える人達が住むグループホームに、ある親子が入居し生活を共にしていきながら様々な人と出会い、そして葛藤していきます。

それぞれのキャラクターが個性豊かで、純粋で、応援したくなってしまいます。

演者の方がみなさんとても迫力のある演技をしており、すぐに引き込まれてしまいました。元々は舞台で行われていた作品とういうこともありやや、演技にも癖がありますが、それがとてもストーリーとマッチしていてさらに見入ってしまいました。

特に貫地谷しほりさんの演技はとても迫力がありました。

それまでは正直貫地谷しほりさんをテレビなどで見かけても特に演技力に注目してはいなかったのですが、この映画のお陰で貫地谷しほりさんの演技力に圧倒されてしまいました。

特に竹中直人さんとの何気ない会話などで見せる雰囲気が本当に幸せそうに見え、その分激しく憤る場面には怖さすら感じました。

この映画を見てきっと賛否両論あるとは思います。でも私はこの映画に出ているキャラクターたちがみんな誰かの幸せを思い素直に行動しているところが大好きです。

だからこそそれぞれの立場に立ったような気持ちで作品を見ることができました。DVDを手に入れてもう一度ゆっくり家でも鑑賞したいと思います。

映画業務求人情報

・映画翻訳で有名な翻訳会社トランスジャパン【URL:http://trans.jp/】では日本語、英語、中国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語の翻訳業務をこなせる人材を募集。

・映像コンテンツのプロデューサーになりたい方はエンタメ業界求人情報がおすすめです。